豊田市の老舗お茶屋農家じゅんぺいのブログ

碧園 お茶の純平Webサイト

HOME › ブログトップ › 日記 › ハナカイドウが咲き始めました

2017年04月10日 09:01  日記

ハナカイドウが咲き始めました

毎年楽しみにしているハナカイドウが咲き
始めました!!


バラ科の小さな花びら・・・

ソメイヨシノほど艶やかさはないのですが
小さい花が少しずつ咲いていく姿が好き
です

子供の卒業記念に植樹した木ですが、
年々大きくなり、可憐な花を咲かせて
楽しませてくれています

横に植わるお茶の樹3株の新芽も花見
をしながらすくすくと育っています


もうすぐ新芽の天ぷらが頂けます!!



同じカテゴリー(日記)の記事画像
とよた産業フェスタ2017
今年もサンマ募金!!
じもサタさんで紹介して頂けました!!
ご報告!!
明日はお茶の入札(^O^)/
温泉!!
同じカテゴリー(日記)の記事
 とよた産業フェスタ2017 (2017-09-23 22:31)
 今年もサンマ募金!! (2017-09-20 23:22)
 じもサタさんで紹介して頂けました!! (2017-09-18 11:02)
 ご報告!! (2017-09-15 00:45)
 明日はお茶の入札(^O^)/ (2017-09-13 23:03)
 温泉!! (2017-09-13 01:06)

Posted by ジュンペイ │コメント(3)
この記事へのコメント
初めてお邪魔します。
茶飯用のお茶を検索していて、なかなかヒットしないので、記憶をたどって純平さんのお店にたどり着きました。

芽吹いたばかりの柔らかいお茶の新芽、天ぷらにすると最高です!
あと、抹茶にする前の茶葉(記憶が曖昧ですが・・・)を細かく砕いたものに塩と調味料を混ぜ合わせ、白ごはんに振りかける葉茶飯がおいしいですよね。

実家が吉原町のとなり里町でしたので、母が生きている頃は、よく純平さんのお茶を買ってくれました。
私は茶飯が好きで、茶飯用の葉茶を買ってもらっていましたが、あれが出るのは時期があるのでしょうか?
Posted by hituji at 2017年04月11日 22:56
hitujiさん、ありがとうございます。

ご実家が里町なんですね!

今は無いのですが、昔は不乗森神社の向かいにも
茶畑がありました。

茶飯用の葉は、碾茶(てん茶)と言いって、
hitujiさんがおっしゃる通り、石臼で挽く前の
お抹茶の原料です。

若い香りを楽しむなら、6月の新茶をお求め頂
き、熟成された旨みを楽しむなら11月頃にお
買い求め頂ければ、碾茶飯を楽しんで頂けると
思います。

現時点でも、熟成されたタイプでよければ弊社
にご来店頂き店員に申し付けて頂ければ、お出
しいたします。

お母様の代からご愛顧頂きありあがとうござます。
Posted by ジュンペイジュンペイ at 2017年04月14日 12:40
碾茶について、詳しくありがとうございます。
不乗森神社は実家のすぐそばです。
栄泉堂の隣の畔柳ですので、ご存知かもしれませんね。

親の代からお茶好きで、抹茶等を常時、純平さんで購入していたから、実家の弟もまだ買いに行っているのかもしれません。
弟に頼んで買ってきてもらおうと思います。
ご親切な回答ありがとうございます。
Posted by hituji at 2017年04月15日 00:13
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

このページの上へ