豊田市の老舗お茶屋農家じゅんぺいのブログ

碧園 お茶の純平Webサイト

HOME › ブログトップ › お茶業界のお話 › お茶のコンクールの入札会に行ってきました。

2014年09月11日 10:29  お茶業界のお話

お茶のコンクールの入札会に行ってきました。

毎年、豊田市茶業組合の組合員がチャレンジしているお茶の品評会は
愛知県茶品評会、関西茶品評会、全国茶品評会があります。愛知県はいわゆる予選会の役目で、審査の結果優秀なお茶が関西・全国とエントリーされます。

それぞれ審査の結果、評価と順位が決まり農林水産大臣賞以下各特別賞が授与されます。その後、評価されたお茶は、入札方式で全国の茶商さんに販売される仕組みになっています。

9月1日の愛知県茶入札会に続き、10日に関西茶入札会に参加すべく滋賀県大津市に行ってきました。

会場には、茶商さんが高品質なお茶を求め、真剣なまなざしで茶を吟味しています。下の写真は碾茶(お抹茶の原料)の上位3点です。ものすごい良い色をしています。5001番が農林水産大臣賞受賞茶です。

お茶のコンクールの入札会に行ってきました。

お茶のコンクールの入札会に行ってきました。

かぶせ茶のトップです。
お茶のコンクールの入札会に行ってきました。

会場の雰囲気です。皆さん良いお茶を求めて真剣です。
お茶のコンクールの入札会に行ってきました。

落札単価は、碾茶1位は一キロ当たり、136,911円 かぶせ茶は、1キロ当たり、156,000円でした。
最高値が付いたのは、玉露の1位のお茶でなんと、1キロ300,000円の値段つきました。

ひえ~そのまま売っても、100g30,000円です・・・

碧園では、お客様に喜んでいただけるように良いお茶を求めて、代々品評会に積極的に参加しています。豊田産の高品質なお茶も10月位から本店の店頭に並んできます。19日は、全国茶入札会で宮崎県へ行ってきます。










同じカテゴリー(お茶業界のお話)の記事画像
【緊急】お茶摘み変更のお知らせ!!
茶業組合手もみ講習会
全国お茶フェス 東京大会
ぶらり急須の里めぐり
お茶の手仕上げ講習会
お茶の機械の展示会!!
同じカテゴリー(お茶業界のお話)の記事
 【緊急】お茶摘み変更のお知らせ!! (2019-04-30 09:54)
 茶業組合手もみ講習会 (2019-04-28 10:32)
 全国お茶フェス 東京大会 (2018-12-24 00:06)
 ぶらり急須の里めぐり (2018-11-07 14:06)
 お茶の手仕上げ講習会 (2018-11-02 00:21)
 お茶の機械の展示会!! (2018-10-28 00:34)

Posted by ジュンペイ │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

このページの上へ