豊田市の老舗お茶屋農家じゅんぺいのブログ

碧園 お茶の純平Webサイト

HOME › ブログトップ › 2018年11月02日

2018年11月02日 00:21  お茶業界のお話日記

お茶の手仕上げ講習会

日本茶インストラクタ-の皆さんに伝統的なお抹茶の原料である碾茶の仕上げを体験して頂きました

昨今では、機械仕上げが殆どで手仕上げをする機会は減りましたが、お茶の価値を知るには手仕上げが基本となります

先ずは、人の目と手触りでお茶を仕分けます

非常に根気がいる仕事です!!
皆さん大変に熱心に作業して頂けるので徐々に茎、葉脈、番茶等が綺麗に分かれてきました

二時間ほど経ちましたので、そろそろお昼ご飯を皆さんで楽しみます

今日のお昼ごはんは「ころも農園&蔵カフェ」さんのお弁当で、夢農人のメンバーが作った素材でできている「夢弁当」です!!



大変好評でした!!



昼からの工程は、葉の大きさを揃えます
今では貴重な竹篩を使います。中々、均等に振るのが難しい仕事です



途中、飛出し工程を入れながら、同じ工程を3~4回繰り返します

4時間をかけて完成です!!

そして、皆さんの携わった茶葉(碾茶)を手挽き石臼で挽き、お抹茶にしました



お抹茶を点てて皆さんで試飲!!



特別な一服となり、余韻を楽しむ事ができました

最後は、やはり豊田産のかぶせ茶「感動の一杯」を心を込めて淹れさせていただきました(^^♪



参加された皆さん、一日お疲れ様でした!!

今回の機会で、沢山のご縁と学びをいただくことができました

参加された皆さんには、息子と共に感謝申し上げます

次回は、お茶摘みから初めて、年間シリーズにしてみたいと思います!!









  


Posted by ジュンペイ │コメント(0)

このページの上へ