豊田市の老舗お茶屋農家じゅんぺいのブログ

碧園 お茶の純平Webサイト

HOME › ブログトップ › 2018年06月19日

2018年06月19日 09:16  日記

手でお茶を選別!!

碧園お茶の純平では、毎年この時期には5月
に摘んで造ったお茶(荒茶)の仕上げ作業を
しています

お抹茶は以下のプロセスで作られます
①摘採(手摘み・機械刈り)
②荒茶工場で製造(荒茶)
③加工工場で仕上げ(仕上げ茶)
④石臼加工⇒抹茶

仕上げ加工のプロセスでは・・
①荒茶を切断で(石臼で挽ける大きさに揃えます)
②回し篩機で(葉と粉と分類)
③それぞれを風力選別機で(茎などを選別)
④色選選別機で異物除去
⑤練り乾燥機で水分を3%まで乾燥します
⑥電気選別機で藁屑や葉脈などを選別

今では、ほぼ機械を使って作業をしますが
伝統的な技術を伝承するために、今でも
昔ながらの手作業の仕上げをしています


熟練の選り子さんが、毎日8時間かけて葉を
一枚一枚丁寧に選別をします


ベテランの10人の選り子さんでも、1日に
できる量は4キロが限界な大変な作業です

価値あるものには、ちゃんとした理由があり
人の思いや手間がかかっています

碧園お茶の純平のお茶を支えて頂いている
方々に感謝いたしながら、お客様が喜んで
いただける茶を追い求めて行きたいと思い
ます


  


Posted by ジュンペイ │コメント(0)

このページの上へ